ゴチャゴチャ感がおしゃれ!撮影と小道具の関係

写真撮影に於いて自然な感じを出すために、さまざまな小道具を置いて、出来るだけ自然な感じにするという方法も良く使われます。

この場合、被写体となる人物も小道具とのバランスが引き立ち、より美しく撮影できる場合があります。

小道具を使用する場合には、きちんと整理整頓するのではなく、わざと散らかっている雰囲気を出し、その中で中心となるものや人物などを撮影することでその美しさや可愛らしさを引き立てる役割をしてくれているのです。特に女性の場合はこのようなゴチャゴチャ感がこのみの人も少なく有りません。

撮影用の小道具レンタルを積極的に使用し出来るだけ無造作に表現することで一般的な家庭であったり、または親子関係が密接であることを伝えるとともに、雑然としたイメージが被写体を引き締める効果もあります。

このような撮影用の小道具レンタルは最近非常に増えてきており、また独特の手法で写真撮影に応用されてきました。小道具をたくさん並べるほど被写体の引き立ち方が大きいという話も有ります。

EASEレンタル(家具レンタル・小物・撮影用雑貨)

撮影用小道具レンタルを効果的にディスプレイするコツ
撮影用の小道具は、自分で用意することも可能ですが、小道具レンタルを利用すると簡単に素敵な物を揃えることができます。特に小道具レンタルならばデザインや種類が豊富なため、撮りたいイメージに合わせて最適なものを用意できます。レンタルですので、自分で買い揃えるよりリーズナブルな点も利点と言えます。

小道具レンタルを使って撮影する際には、効果的にディスプレイするだけで一段上の写真が出来上がります。

そのコツはいくつかありますが、まずはライティングの位置を調整することで撮影用小道具に作られる陰影をコントロールするようにします。例えば光の当て方が強すぎる場合、小道具に反射してしまい被写体がきれいに撮れなくなることがあります。

光の位置を遠ざけたり、小道具の置き方を変えることで適切な陰影を生じさせ、被写体が最も良く写るように調整します。余白の作り方も大事です。多くの物を詰め込めすぎると散漫な印象になりますが、いくつか取り除くことで空間を作るだけでもバランスが良くなります。

▲ページトップに戻る